原価管理

飲食店 原価の基礎知識 仕入原価

Asuka Food Consulting

はじめまして。Asuka Food Consultingでは、長年の飲食事業経験で得た、知識や経験を基に飲食事業者様をサポートさせていただいております。 ※サポートのご依頼は、「サポート依頼ページ」をご覧ください。

飲食店で原価を管理するには、「理論原価」「仕入原価」「実際原価」の、三つの原価について知っておく必要があります。

三つの原価は、それぞれが単独ではなく関係性があります。ここでは基礎として「仕入原価」についての知識と、応用として「仕入原価」を使用した日々の原価管理方法を説明します。

writer:Asuka Food Consulting

 

サポート会員様募集中!!

サポート問合せ

※Asuka Food Consultingでは、
サポート会員様を募集しております。

 

原価の基礎知識 原価とは
原価の基礎知識 理論原価はこちら
原価の基礎知識 実際原価はこちら

仕入原価とは

仕入原価とは、仕入れた食材の金額(食材費)のことです。

 

例えば、

A業者(精肉)から、2,000円分のお肉を仕入れた。

B業者(青果)から、1,000円分のお野菜を仕入れた。

C業者(飲料)から、3,000円分のドリンクを仕入れた。

 

そうすると、原価の合計は

2,000円+1,000円+3,000円= 6,000円

この場合の、6,000円が仕入原価(仕入れた食材の金額)となります。

 

仕入原価率とは

仕入原価を売上で割った数値を、仕入原価率といいます。

 

式で表すと、

仕入原価 ÷ 売上高 × 100% = 仕入原価率

 

上記で売上高が、20,000円の場合、

6,000円÷20,000円×100%= 30.0% (小数点第二位四捨五入)

この場合の、30.0%が仕入原価率となります。

 

日々の原価管理は「仕入原価率」で管理する

理論原価は商品を販売した後の数字、実際原価の算出には棚卸が必要です。

どちらも「結果」としての数字(数値)なので、 目標値を設定しても「管理」(コントロール)することが難しいのです。

 

それに比べ仕入は毎日(お店によりますが)あり、仕入原価を管理する ことにより、目標値(基準)と照らし合わせ、発注調整しながら 運営することが可能になります。

 

■当日の仕入原価の計算方法

当日の仕入原価 ÷ 当日の売上高 × 100% = 当日の仕入原価率

 

■月中での仕入原価の算出方法

例) 4月1日から4月15日までの15日間で、仕入原価 50万円 売上高 150万円の場合

 

4月1日~15日までの仕入原価合計 ÷ 4月1日~15日までの売上高合計 × 100% = 4月1日~15日までの仕入原価率

 

50万円 ÷ 150万円 × 100% = 33.3% となります。

例えば、4月の仕入原価率目標が、30%なら、現状は、3.3%オーバーしている状況です。

金額に直すと、

仕入額 ÷ 150万円 × 100% = 30%

仕入額 = 5万円となり、目標値にくらべて5万円オーバーしていることがわかります。

仮に、4月の着地売上高が300万円になりそうだと予測すれば、仕入金額を調整する必要が出てくるわけです。

このように、仕入原価(率)を日々管理することにより、目標値に近づけることが可能になります。

 

上記を参考に、自店の仕入原価(率)を下記の「業者別仕入管理表」を参考に、エクセルを使い、算出してみましょう。

 

仕入原価は業者別に管理する

仕入原価は業者別に管理するのが原則です。

 

その理由は、目標値よりも仕入原価率が高ければ、どこの業者の仕入が多かったのかが分かり、原因特定から改善することも可能になるからです。

納品書は税抜金額と消費税を別に記入した納品書を業者に依頼しましょう。

仕入管理表には税抜金額を記入し、税抜売上げ高とで仕入原価率を算出します。

業者によっては、食材と消耗品などが同じ伝票に記載されている場合があります。別々に記載してもらうか、仕入額を計算するときに食材だけを算出するようにしてください。

 

仕入を配送ではなく、スーパーなどへの買い出しを行っているお店は、業者別ではなく、食材別に管理します。

例) 精肉 魚 野菜 など

また、精肉でも、鶏肉・牛肉・豚肉を扱っているが、鶏肉メインの居酒屋など、比重が多い食材は、個別に鶏肉の仕入を抜き出し、重点管理します。

 

 

業者別仕入管理表の作り方

下記は、エクセルで作成した業者別仕入管理表です。

上記を参考に、仕入原価表の作成方法を説明します。

 

仕入管理表の説明

目標値・・・前年同月の数値

F値・・・・各業者ごとの現状の売上に対する仕入原価率

GAP・・・・目標値 ― F値

金額・・・・GAPの数値を金額で表示

 

1) 表の見方

A業者を例に説明します。

目標値 20%(C37)・・・前年同月の業者ごとの仕入原価率

F値  19.3%(C38)・・A業者の累計仕入原価÷累計税抜売上高

GAP -0.7%(C39) 目標値-F値

金額 -2,593(C40)・・GAPの-0.7%を金額に直した数字

A業者の「-2,593」とは、A業者の仕入目標値「20%」に対して、現在の仕入値「19.3%」との差額を金額に直した数字です。目標より下回っているということです。

逆にB業者の場合、「3,704」円、目標値よりも多く仕入れているということです。

 

ポイントは、差額を金額で表すことです。差額分を金額で表示することにより、食材を仕入または購入するときの目安となり、仕入原価を調整することが可能になるからです。

 

2) 当月仕入目標の決定方法(表L37)

■ 前年と商品構成が同じ場合

前年同月の各業者ごとの仕入額を伝票や請求書等から算出。

それを前年同月売上で割ることにより、 各業者ごとの前年同月の仕入原価率を算出します。

※A業者の目標値20%(C37)とは、前年同月のA業者の月間仕入額60万円を、月間売上高300万円で割った数値。

 

■ 前年と商品構成や販売価格が異なる場合

商品の入れ替えや、新たにコース料理や食べ飲み放題などの追加、また、セールなどを行うときは、事前に商品販売計画表を作成し、原価及び原価率の着地がいくらになるのか予測しておきます。

それを基に当月仕入目標を決定することになります。

 

サポート会員様には「仕入原価管理表」の作成もサポートさせていただいております。

>サポート会員ページはこちら

 

まとめ

仕入を業者別又は、食材別に管理することにより、どの業者の仕入れが多く、原価(原価率)が高くなっているのかが分かり、対策を講じることができます。

個人店の多くは、この仕入原価(率)を基に「うちのお店の原価(率)は〇〇%と判断されています。

なぜなら、理論原価計算は、個別の商品ごとに原価を算出しておかないと計算できません。また、実際原価は毎月の棚卸が必要です。

もし、仕入原価のみで原価管理をする場合、上記を参考に原価管理表を作成し、目標値と照らし合わせながら、日々の原価管理(マネジメント)を実施しましょう。

それが、原価を管理する第一歩になるからです。


つぎはこちら ↓

飲食店 適正在庫とは

仕入原価を管理するには、「適正在庫」の考え方を学ぶ必要があります。ここでは、適正在庫に基づいた仕入原価の管理方法を説明します。 <前回内容>原価の基礎知識 仕入原価はこちら サポート会員様募集中!!サ ...

続きを見る

飲食店の原価について理解するには、

下記内容を順にお読みいただくことをお薦めします。

> 飲食店 原価の基礎知識 理論原価

> 飲食店 理論原価を使って原価を下げる方法

> 飲食店 原価の基礎知識 仕入原価

> 飲食店 適正在庫とは?

> 飲食店 ロスの原因と対策

> 飲食店 原価の基礎知識 実際原価

> 飲食店 効率よく棚卸しをする方法

サポート会員様募集中!!

サポート依頼ページへ

※Asuka Food Consultingでは、サポート会員様を募集しております。

  • この記事を書いた人

Asuka Food Consulting

はじめまして。Asuka Food Consultingでは、長年の飲食事業経験で得た、知識や経験を基に飲食事業者様をサポートさせていただいております。 ※サポートのご依頼は、「サポート依頼ページ」をご覧ください。

-原価管理

© 2022 戦う飲食店